Filming Location Studio

弊社のストックヤードを撮影スタジオとしてご利用頂くことが可能です。

また敷地内にはコンテナを利用した
ハンドメイドのAmerican Dinnerもあり
レストラン店内での撮影などでもご利用が可能です。

もちろんレストランでは実際にお食事もしていただけますので
スタッフのお食事のご心配もいりません。

ご利用時には大型のキャンピングトレーラーも完備しておりますので
楽屋としてもご利用いただけます。

Filming Location Studioには
弊社TRAILER VILLAGEの遊び心を詰め込んだ空間があります。

USAの空気感をその目で感じることが出来るロケーションはいかがでしょうか?

Airstream Trailer

AIRTSTREAMはこちら
貴重な車両を多数ご用意

Restaulant

ハンドメイドレストラン
American Dinner

House Trailer

実際のトレーラーライフを体感
据え置き型のハウストレーラー

Container Space

ロンドンバスはこちら
コンテナスペースにて

AIRSTREAM

1920年代の終わり
wally byamによって生み出されたキャンピングトレーラー エアーストリーム。

世界でも絶大な人気を集めています。
トレーラービレッジでは、エアストリームのレンタルサービス・販売など
皆様のご要望に合わせた車両をご用意することも可能です。

あなただけのエアストリームを手に入れてはどうでしょうか?

エアーストリーム詳細はこちら

 
日本国内での公道走行が困難なロンドンバスですが
弊社ではナンバー取得に関する手続きの代行が可能です。

ロンドンバスをお持ちの方でナンバーの取得にお困りでしたらご連絡ください。

LONDON BUS

1800年代中頃
庶民の足として運行されていた馬車だったが輸送力不足が問題となり
やむなく天井部分に座席を設置し、2階建て車両が誕生したとされる。

当時ロンドン市内のバスの殆どが
自動車バスシェアのトップであったLGOC社の赤色バスに統一された。

総合バスメーカーとして法人化されたAEC社。
1947年 ロンドン市内の路面電車とトロリーバスの置き換えとして
Douglas Scottのグループにより
後の大ヒット作であるRoutemasterの開発に着手。

1954年プロトタイプ車を登場させ
1968年までに2876台が製造された。

その後ロンドン市民の足として活躍してきたRoutemasterですが
2000年代に入ると老朽化に加え、排出ガス規制の強化やノンステップバスの登場
また新型バスへの転換されたことや安全性の面などの理由で
2005年12月第一線を退いた。

ただその後もロンドン市民に愛されてきたRoutemasterは
2005年11月以降 限定ルートで運行されている。